不動産会社の探し方を伝授|コスト面を考える

県内で特に環境の良い都市

住宅模型

若い世代から人気

豊橋は愛知県南部に位置する都市で、東側は静岡県と隣接しています。市内を東から北へと横断する形で交通網が発達しているため、豊橋は両県を結ぶ交通の拠点として栄えています。さらに西部は、自動車貿易のさかんな広大なベイエリアとなっています。それでいて南側は、農業がさかんで田畑が広がっているので、豊橋は緑が多い環境の良い都市としても知られています。加えて気候が穏やかで、夏の猛暑日は少なく、冬もほとんど雪が降らないため、寒暖の差が少ないことからも話題となっています。愛知県では、夏は暑く冬は寒くなることが多いのですが、その中で豊橋は例外的に、気温が安定していて過ごしやすいとされているのです。こういったメリットから、昨今の豊橋では新築住宅の建築が積極的におこなわれるようになっています。発展度の高さと自然の多さから、移り住むことを希望する人が増えているのです。特に、働き盛りの30代や40代といった比較的若い世代の人口が増加しているため、それに合わせて近代的なデザインの新築住宅が多く建築されています。また大学や専門学校といった教育施設が多い都市なので、豊橋の新築住宅には、子育て世帯からも需要があります。さらに地価が県内平均の半分強と比較的低いため、広々とした住宅用地を確保しやすいことから、庭付きの新築一戸建ても数多くあります。公園も多く、のびのびと子供を育てることができるため、その点も子育て世帯が注目するポイントとなっています。